在学生の声

診療放射線技術学科

大阪物療大学を知ったきっかけ、入学した理由を教えてください。

私がこの大学を知ったのは、母親の通っていた大学を聞いたことがきっかけです。 入学した理由は二つあり、一つ目は、3年次生で行われる臨床実習先病院の選択肢の多さです。 大阪物療大学は歴史が長いので、多くの病院との繋がりがあり、選択肢から自分の志望する病院を選ぶことができると思ったからです。 二つ目は、充実した設備の中で、放射線治療における知識を深め、実習に積極的に取り組むことで、実践的かつ応用的な力を身につけられると感じたからです。

■中島 さん
■診療放射線技術学科4年次生
■奈良県
■智辯学園奈良カレッジ高等部出身

私がこの大学を知ったのは、母親の通っていた大学を聞いたことがきっかけです。 入学した理由は二つあり、一つ目は、3年次生で行われる臨床実習先病院の選択肢の多さです。 大阪物療大学は歴史が長いので、多くの病院との繋がりがあり、選択肢から自分の志望する病院を選ぶことができると思ったからです。 二つ目は、充実した設備の中で、放射線治療における知識を深め、実習に積極的に取り組むことで、実践的かつ応用的な力を身につけられると感じたからです。

大阪物療大学だからこそ、学べていると思うことは何ですか?

大阪物療大学は設備が整っているので、教科書の画像だけでは分からない所も授業で実際の機器を見ることができます。 そのためイメージがしやすく、だからこそ将来へのモチベーションアップにも繋がり、放射線に関する知識も多く学べています。 これは大阪物療大学でしか学ぶことができない大きな長所だと思います。

大阪物療大学はどのような大学ですか? また大阪物療大学でよかったと思うことは?

大阪物療大学は少人数担任制なので先生と生徒との距離が近く、質問や相談などがとてもしやすい環境の大学だと思います。
良かったと思うところは、1年生の最初の一泊研修で、友達や先輩との繋がりが出来ることです。 入学して間もなく一泊研修があり、友達が出来るか不安でしたがたくさんのイベントを通して、友達だけでなく先輩とも仲良くなれました。 実習で実際に機器を扱えることも良かったと思う点の一つです。教科書や授業で学んだことは知識としてはありますが、実際に使ってみることでより細かい所まで理解することができます。 これは大阪物療大学でないと経験できないことだと感じています。
また、診療放射線技師の約10人の1人が本学園の卒業生という長い歴史も魅力だと思います。 実際に働いている人の中に自分の大学の卒業生が多いということは誇りであり、同時に自分の自信にも繋がります。
実際に病院見学に行った時に担当していただいた診療放射線技師の方は、大阪物療大学の卒業生の方で、自分もこの人のようになりたいと強く思いました。 自分が就職した時、しっかりと働くことができるのかなどの不安がありましたが、卒業生の先輩方をみて不安が軽くなり、目標が定まりました。

現在、一番力を入れて学んでいることは?

私は今、実習に最も力を入れています。 実習で実際に機器を動かしてみると、必ずしも教科書通りにいくとは限りません。そこで実際の現場ではどうするのが良いかなどを教えてくれるので、授業と照らし合わせながら頑張って覚えていっています。 国家試験に合格し、自分の志望する病院に就職するためにも、日々学び続けたいと思います。